カブトムシは儲かる?知られざる昆虫ブリーディング

昆虫のブリーダーになろう

立派に育てて売る方法

昆虫のブリーディングは、誰でも気軽にできる面が魅力です。 資格は必要ないので、昆虫を育てて売りたいと思ったら、その時点で開始できます。 幼虫から育てて、繁殖させることが基本なので根気強く続けなければいけません。 昆虫の飼い方をしっかり覚えて、実践しましょう。

資格などは必要ない

子供から大人まで、カブトムシなどの昆虫が人気です。
最近は昆虫を育てて売る、ブリーディングが流行っています。
哺乳類や鳥類をペットとして販売する場合は、きちんと登録しなければいけないとういう法律になっています。
ですが昆虫は登録の対象外なので、誰でも気軽に販売を始めることができます。
利益を得るためには、たくさん育てて販売しなければいけません。
これまでに昆虫を飼育したことがない人は大変でしょうが、相手は命のある生き物です。
大事に育ててください。

カブトムシやクワガタムシ以外の昆虫でも、高く売れることがあります。
ですが、やはり定番はこの2種なのでブリーディングに向いています。
人気の高いカブトムシは、ヘラクレスオオカブトやヤマトカブトムシです。
クワガタムシの場合は、ニジイロクワガタやオオクワガタでしょう。
仮に成虫まで育てあげても、サイズが小さかったりツノが折れていたりすると価値が下がります。
大きく立派に育てあげましょう。

昆虫を飼育するためには、水槽や菌糸マットが必要です。
まだ幼虫の間は、少し大きい瓶の中に入れて育てることもできます。
昆虫は、温度変化にとても弱い生き物です。
極端に暑かったり寒かったりする場所にずっと置いていると、命を落としてしまいます。
ブリーディングを始める前に、どこで飼育するのが最も良いのか、室内を探してください。
涼しくて、直射日光が当たらない場所がおすすめです。
良い環境で育てることで、昆虫が立派に成長します。

人気の高い品種を知ろう

利益を増やすためには、人気の高い昆虫を飼育することがコツです。 どんな昆虫がおすすめなのか、調べてください。 やはりカブトムシや、クワガタムシのブリーディングをしている人が多いです。 確実に高く売れるといっても過言ではないので、初心者にも向いています。

飼育するために必要な道具

まだ幼虫の段階だったら菌糸マットや、瓶があれば飼育できます。 成虫まで成長したら、水槽に移し替えてあげましょう。 幼虫と成長とで、飼育方法が大きく変わります。 買い手が見つかるまでは、成虫も自分で育てなければいけないので、飼育方法を覚えてください。